忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アオリイカの寿命

アオリイカの寿命
エギングの釣りターゲットであるアオリイカの寿命は約1年です。アオリイカはその約1年の間に「生まれる」「成長期」「産卵」→「死」という運命を辿るのです。エギングでスリリングな釣りを味あわせてくれるアオリイカは意外と短い命なのです。
あおりいかは約1年の間に大きいデカ烏賊になると4kg近いモンスターサイズにまで成長します。よく考えれば物凄いスピードで成長しています。それだけアオリイカはよくベイトを食らうのでしょう!!

 

 アオリイカの産卵
アオリイカは海水温度にとても敏感な烏賊です。(アオリイカだけではなく魚は全て海水の温度のに敏感です。)特に産卵期の海水温度には敏感です。アオリイカの産卵は海水温度が約16℃を超えたら始まります。これは季節で言うと「春」です。このころの産卵前の大型アオリイカ釣りをエギング釣り師(エギンガー)は「親イカ釣り」と言います。早い地域で3月中旬ごろからアオリイカは産卵をはじめ6月初旬ごろまで産卵期は続きます。産卵期のピークはエギングする地域により異なりますが5月の連休(GWあたり)から5月下旬までがアオリイカの産卵ピークです。(ゴールデンウィークから5月下旬が産卵のため一番接岸してきますので釣りどきです。)そして7月下旬を過ぎると岸に寄っていた親イカは岸側から姿を消します。(親イカ釣りシーズン終了)

アオリイカの釣りごろ
アオリイカの釣りごろは(エギングの釣りシーズン絶好期)5月GWから6月の親イカ釣り、9月から11月の新子イカ釣りがアオリイカ釣りの絶好期です。つり時期をよく考えて釣行予定をたてるのもアオリイカを多く釣るコツです。アオリイカの産卵期やベイトフィッシュを荒食いする釣り期をしっかり把握することも多くアオリイカを釣るコツです。
食べて美味しいアオリイカは秋の新子(小イカ)が最高においしいです。特に11月ごろの胴長20~25cmぐらいのアオリイカが甘味があり、身に肉厚もあり最高においしいです。(秋の手のひらサイズの子イカも甘みが強く美味しいですが身の厚みに欠けるためアオリイカの好食感はイマイチです。)

アオリイカの食べ方 エギングでアオリイカを多く釣るコツ基本アクション アオリイカのことについて知るエギングのコツとアオリイカ釣りの方法 エギングでアオリイカを釣るコツ
PR

アオリイカのこと
アオリイカについて その1

アオリイカのこと
エギングでアオリイカ釣りをするコツを習得する前に釣りターゲットとなる「アオリイカ」のことを勉強しましょう。
アオリイカのことを良く知れば、知らないよりエギングで多くのアオリイカを釣ることが出来るはずです。エギングのコツやテクニックと同様、釣りターゲットのついてよく勉強するべきです。

 

 アオリイカについて その1
アオリイカ(和名)
Sepioteuthis lessoniana
アオリイカ別名 モイカ・バショウイカ・ミズイカ・シロイカ・クツイカなど
釣れる地域によりアオリイカは呼び名がずい分違います。

アオリイカが生息する地域(釣れる都道府県)
ほぼ日本全国でアオリイカ エギングで釣ることが可能です。日本で釣れる地域は北海道南部から沖縄にかけていろいろな地域でエギングで釣ることができます。(各県により釣れる時期やベストシーズンは違います
世界ではハワイより西の西太平洋からインド洋の熱帯温帯地域に広く分布するイカですが餌木(エギ)を使用して釣りをする国はおそらく日本だけです。

アオリイカの外観・特徴
アオリイカは大型になると5kg以上(胴長50cmオーバー)になるイカです。日本沿岸でエギングで釣れるアオリイカは大型のものは3kg以上4キロ未満というところです。大型アオリイカのことをアオリイカ釣り師(エギンガー)は「キロアップ烏賊」と呼びます。岸近くの沿岸域で釣れるイカの中ではかなり大きい種類で、釣り味がとても良いので人気が高い烏賊です。アオリイカの外観は丸みを帯びたタンソク(ゲソが短い)なイカです。触腕2本はは長いですが。
背中側の胴体の淵に半円形のひれを持つイカです。

アオリイカのオス、メス判別法
雄判別目安
オスの背中の模様は白く短い横の線があります。(結構、均一した柄です。)
雌判別目安
メスは背中のヨコ線模様が無いです。(正確にはとても見えにくい)

 

エギングのコツとアオリイカ釣りの方法 エギングでアオリイカを釣るコツエギングを上達させるコツ オカッパリエギングに最適なオススメエギングタックル アオリイカの寿命

Comments(0) | TrackBack(0) | アオリイカのこと

| エギング アオリイカを釣るコツHOME |
忍者ブログ[PR]