忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




春エギング釣り方で春アオリイカを釣るコツ

春エギング釣り方で春アオリイカを釣るコツ
 

 
 

アオリイカ釣り時期の中でも特に大型のアオリイカが釣れる春は一番エギングが面白い時期と言っても良い季節です。
春エギングで釣れるアオリイカは親烏賊と呼ばれる産卵できる大きなアオリイカです。
中にはまだ産卵できないような小さめの小型アオリイカも釣れますが・・・。

春のエギングでは1kg以上の大きなアオリイカをはじめ2kg、時には3kgを超えるようなモンスター級の大きな烏賊が釣れる時期です。
春エギングで使用するタックルは釣れてくるアオリイカのサイズを考えてセレクトする必要があります。
エギは基本的に3.5号サイズから4号以上のエギを使い、セレクトするエギングロッドは使う餌木を思いのまま操れる(アクションすることができる)硬さ調子のエギングロッドを選び、その竿に合ったリールを選ぶ必要があります。


 
   

春エギングで大きなサイズのエギを選ぶ理由は釣れるアオリイカの大きさが大きいというのと、その他に「ボトムが釣りポイント」となる春アオリイカの生息場所(釣れる場所)の特徴から海底付近をシャクリ釣ることが多いからです。ボトム中心のエギング釣り方では底取りしやすい重量の重い大きめのエギが釣りやすいのです。
このことから春エギングでしようするエギは4号クラスの大きな餌木のセレクトをオススメしているのです。

3.5号サイズのエギでも高活性時は秋エギングで釣れる小イカも乗ってくるので春エギングでは心配なく大きなエギを使いエギングすることが可能です。
春の時期のエギングで大きめのエギをセレクトすることはコツというより基本的となります。

上記でも少し触れましたが、春のアオリイカはボトム(海底)についています。
根掛かりでエギをロストするのは痛いですがこれを恐れていては春のエギングは成立しません。
海底付近ボトムを果敢にシャクることが春の親イカを多く釣る最大のコツとなります。
 

よくアオリイカが釣れる人気エギいろいろ
ボートエギングについて エギング用エギについて エギングを上達させるコツ オカッパリエギングに最適なオススメエギングタックルエギングのコツとアオリイカ釣りの方法 エギングでアオリイカを釣るコツ
PR



TrackBack(0) | 春エギング釣り方で春アオリイカを釣るコツ

トラックバック

トラックバックURL:

<<ボートエギング釣り方ポイント | エギング アオリイカを釣るコツHOME | 冬エギング釣り方冬のアオリイカ釣り>>
忍者ブログ[PR]